RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
ポール・サイモン サプライズ その2

昨日の続きと、先週の続きを兼ねて、ポール・サイモン サプライズ その2をお届けします。

6月2日付け朝日新聞夕刊・今月の10枚に、写真付きで紹介されていました。 SURPRISE

皆さんの中で購入された方はおられるでしょうか? ライミンではヘビーローテーションです。 全体を通して言えることは、「リズム・オブ・ザ・セインツ」「ユー・アー・ジ・ワン」「サプライズ」と、緻密なサウンドが続いているなと。 S&G時代から、録音自体、機器自体に興味を持っていた人ですから、音作り自体は緻密であったわけですが、この3枚は、SP(スピーカー)で聴く時とヘッドフォンで聴く時との印象が異なるんです。 もちろん、SPでも真ん中に座って程良い音量で聴けば、また違うのでしょうが。 仕事中にBGMとして聴いている時より、しっかり聴く時の方が印象が良いです。 全体でも45分余り。 これは以前、ポール自身が語っていた「人間の集中力には限度がある、2〜3分だね。」に起因する伝統ですね。 初期のアルバムは30分前後で構成されていました。 伝統といえば、イントロです。 「アイ・アム・ア・ロック」「早く家に帰りたい」「アメリカ」「スカボロ・フェアー」枚挙にいとまがありません。 多くの人が、ちあきなおみの「喝采」と間違える「母と子の絆」も忘れてはいけませんね。 今回収録された曲の中には、それほどキャッチーなイントロはありませんが、1曲目のロック調ギターは、充分サプライズと言えるかもしれません。

もちろん、ポールといえば生ギターです。 今回の作品にも丁寧な演奏が収録されています。アルバム・ケープマン収録の「キャン・アイ・フォーギブ・ヒム」の様な生ギター1本はありません。 しかし、65歳を越え、以前のような筋肉も無くなり(欧米人として例外的に低身長の彼は、そのコンプレックスからか、マッチョ指向であったと思われます)、身体全体を脂肪がうっすらと覆うようになっているはずです。 その身体で優しくギターを包み込んで、とても丁寧に弦を弾いています。 それは、どの曲でも。どの曲でも。 一聴すると激しい感じの曲でも、丁寧なギターが歌っています。7曲目では、曲調から想像しづらいガットギターが聞こえます。

これも楽しみと、日本盤を買って、訳詞を楽しみました。 以前、NHKBSの特番でアルバム「グレイス・ランド」をポール自身が解説する番組がありました。 その中で彼が言うには、「まず、メロディ。 詩は後。」 俄に信じられませんでした。 時に哲学的、時に字余りな彼の曲がメロディファーストだとは。 それにしても、充分、歌詞を楽しめる内容であることに疑う余地はありません。 こちらの根気が続きませんので、一曲ずつの感想は割愛します。 一つだけ語るなら、一曲目では記憶にも新しいニューオーリンズをおそった洪水について歌われています。 グレイス・ランドの舞台ですし、アルバム「ひとりごと」にも彼の地を歌った曲がありますね。 時を同じくして発売された「E.コステロ A.トゥーサン/ザ・リバー・イン。リバース」も同地の洪水を取り上げた物らしいです。

現在、ヘッドフォンで「サプライズ」を聴きながら書いていますが、改めて良いですね。 ヘッドフォンの方がS、ガッドのドラムもいいし、ジェシー・ディクソン・シンガーズのコーラスも良い。 イーノの音場デザインというのも判るような気がします。 念仏唱法のポールの歌声も、意外と若いですね。 もともと念仏なので、アート・ガーファンクルよりは年齢による衰えが気にならないのかも。 最後の曲に入っている、ポールの息子の歌声もヘッドフォンの方がよく分かりました。 あぁ、良いヘッドフォンが欲しくなってきました。

ポール・サイモン・サプライズ・その1へCDの帯に付いていた「まだまだ歌いたい歌があるんだ!」いいですね。 もっと作ってくれ。 もっと、歌ってくれ。
| music | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/91592