RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
証明書類送れば辞退OK 裁判員候補の高齢者や学生
証明書類送れば辞退OK 裁判員候補の高齢者や学生 [ 07月06日 21時48分 ] 共同通信  2009年までに導入される裁判員制度で、裁判員候補になっても辞退が認められる高齢者や学生らは、裁判所に出向かなくても辞退の意思や身分を示す書類を送れば候補者名簿から外すことが6日、固まった。 過大な負担を避けるための措置で、同日まで最高裁で開かれていた高裁長官、地・家裁所長会同で意見が一致した。制度運用の各規則を定める最高裁は尊重する方針。  裁判員法によると、裁判員候補は有権者名簿から任意に選ぶが(1)70歳以上(2)地方自治体の議員(3)学生や生徒(4)過去5年間に裁判員を経験(5)重い病気(6)親族の介護・養育−などの場合、候補を辞退できると規定。 また候補になると、裁判員の選任手続きや辞退理由の有無を判断するため、裁判所に出向かなければならない。

と、共同通信さんのニュースのコピペです。 このニュースでは、ある種の人たちが申請によって、候補から外れるというものですが、既に導入が決定されているという、この裁判員制度自体、皆さんはどうお考えですか?
交通事故の示談でも、結構もめますよね。 甲子園の観客席でも、阪神電車に乗り込む時も。 車の合流時でも、スキーのリフト待ちでも。 DLのパレードの席取りでも、花見の場所取りでも。 子供の成績でも、スポーツ団体でのレギュラー争いでも。

皆さん、自分は普通だと思っています。 当事者になって、保険の約定を知るまで。 条例を知るまで。 法律を知るまで。 その時が来るまで、自分が持っていた知識から想像する常識で判断しています。

もちろん、自分の好きなようにしているだけの人もいますが。

壊れたものの値段は、ルールによって補填されます。 多くの場合、被害者の思うようにはなりません。 人が傷ついた時に支払われる金額も、ルールによって補填されます。そこに、個人的な感情や怒りが反映されることは無いといってよいでしょう。 そして、ある社会の中で生活する社会人は、その社会のルールに従って生活します。 そのルールが遵守されるという前提で、お金を預けたり、買ったものをそのまま食べたり、夜、ぐっすり眠れます。 普段は意識しないですが、あらゆるものにルールがあるはずです。 そのルールの中でも、多分、最も難しいのが、刑法や民法なのではないのですか? 司法試験って、難しいのでしょ? その様なものを、私は今から理解出来ません。 被害者の外見が可愛いからとか、そうでもないから、という理由で左右されそうな気がします。 被害者や加害者が知り合いだったら、どうでしょう? ルールを法律をしっかり理解したもの以外が、人を裁くのは危険だと思います。 非難したり、同情したりする 位にとどめておきたいです。 みなさんは、どう思われますか?

しかし、最近、色々なことが、どんどん知らないうちに決まって行きますね。 不安です。

六法全書(平成17年版)
| その他 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/97374