RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
DXアンテナの液晶TVは
エコポイントについていくつかの記事を書きました。

そして、今年の一月にエコポイント対象TVを二台購入しました。 もちろんすぐにエコポイント申請を済ませました。 遅い遅いと言われていたポイント引き換えは、二ヶ月を経て、片方だけ送られて来ました。

しかし、片方のポイントは四ヶ月待っても進展無しでした。 四月を待って、エコポイント申請の受付窓口に電話してみました。 因に0120ではありませんでした。

直ぐに繋がり、大変丁寧な対応を受けました。 もうすぐ受け付け完了するとの事。

二週間待ちました。 また、電話しました。

もうちょっとだそうです。 受付が出来れば電話連絡するとの事です。 電話は要りません。 受付して商品券さえ送られれば。

それから一週間後に、メールで受付完了のお知らせがありました。 その日の午後に必要以上に丁寧な電話まで戴きました。 

すぐに繋がる電話といい、人件費が発生する電話といい、考えられない高コスト体質です。 これほど人件費をかけるより、システム自体を簡略化する方が近道だと思うのでした。

確認のメールと電話は四月末。 GWを挟んだとはいえ、未だ商品券は届いていません。 とほほ。

早く来たエコポイントはソニーブラビア分ですが、まだ来ない分はDXアンテナのものです。

このTVが曲者でした。

というのは、
購入してから半年近く経ちました。 最初のレビューに書いたイヤフォン端子からのハム音が気になって仕方ありません。 もちろん自然治癒するような物では無いので、保証期間中にサービスに連絡を入れようと考えました。 フナイ(DXアンテナ)のサービス受付電話は繋がりにくいと聞いた事がありますので、4月25日深夜にネット受付に連絡を入れました。 すると、翌月曜日の午前中に返信がありました。 そこで、まずはメール記載のフリーダイヤル。 もし話し中が続くようなら再びメールにて連絡すれば良しと考えました。 心配していたようなことは起こらず、電話はすぐに繋がります。 お相手は大阪本社のサービス受付でした。 私は京都市内在住なのですが、その日のうちにサービスマンがやってくるとのこと。 望外のクイックレスポンスです。 午後四時にはサービスマンが到着。 初老の方ですが、応対も良く信頼出来そうな感じです。 まずは、私が訴えておりました症状を確認していただきます。 確認後、早速、目の前で分解して下さいました。  あらかじめ症状を伝えておきましたので、いくつかの処方を試されましたが、改善せず。 同一機種において、私が訴えていたのと同様のクレームは未だ把握していないとの事でしたので、どの部品を交換すれば良いのか?見当も着かない様子です。 そこで持ち帰り修理を依頼しました。 GW前ですから、出来上がりが休み明けになっても仕方ない覚悟で書類にサインをしました。 それから6日後。 既に世間はGW真っただ中。 結局間に合わなかったと諦めておりましたが、さきほどTVを携えて件のサービスマンが訪ねてくださいました。 結局、電源や基盤を交換しても全く症状は改善しないとの報告を受けるに留まりました。 しかし対処策として、設定時に「液晶画面の明るさ」をこれまで使用していた「省エネ」ポジションから「最大」に変更し、画質設定画面で「明るさ」の数値を絞ることにより、まったくハム音は消え失せるとの事です。(ただ、画質設定画面への移行が少々判りにくいという欠点があります) 取り説を見ないと判り辛いと思われました。 昭和50年代に愛用していたホンダ車「型式E-SN」のインパネ照明照度調節つまみを絞ると、FMラジオに雑音がのってしまうという症状に悩まされていた事を思い出しました。 あの時も照度を最大にすると雑音はゼロになりました。 迅速な対応がなされた事と、これは一種の設計ミスだということや、逃げの対処策だということを件のサービスマンが認めて下さいましたので、私の方も「対処策」を受け入れる事にしました。 現在、このモデルは省エネ基準から外れてしまっておりますので、政府発行のエコポイント対応商品ではありません。 それに、イヤフォンからしかハム音は出ませんので、通常使用においては無問題です。 しかし、この会社が販売するTVを私の様にベッドサイドに設置して愛用しようとお考えの方が居られましたら、ぜひこの情報を参考にしていただきたいと思います。 何故ならベッドサイド設置の場合、画面の明るさを絞ることが多いでしょうし、イヤフォンを使用なさる確立も高くなるでしょうから。 販売店などで、実際にイヤフォンジャックに「カナル型等で能率の高いもの」を差し込み、ハム音の有る無し、それが気になるかどうか?をしっかり確かめてから購入なさって下さい。 少なくとも、この機種においては全数ハム音が聞こえるはずです。 あ〜ぁ、少し高くても、ブラビアを買った方が良かった、、と後悔しています。 全文はこちらから、 ベッドサイド設置の小型TVとして使うには、致命的な欠陥があり
| エレクトロニクス | 00:45 | comments(0) | - |