RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

しばらくの間
午前10時半より午後9時まで営業。
日曜祝日は休業します
はやく 元通りに戻れますように

トップページへは、この上をクリックして下さい。
アナログレコードを手軽にデジタルアーカイブする
200V電源を導入したことによって、店内の音響が良くなりました。 思いのほかアナログレコードの音質向上が大きくて 聴いていて楽しいのですが、流石に20分毎に裏返すのは面倒です。

専用ソフトを導入してデジタルアーカイブした音源を元に ラベル印刷まで行ったお手製ディスクを戴いた事もありますが、 自分でそのような作業を行ったことはありません。

過去にレコードをCD化する手法を尋ねられた事が何度かあります。

昨日はお休みでしたので、3枚のLPレコードを処理しました。

簡単な手法を確認したので、ざっとご紹介しますね。

1 レコードの状態とカートリッジスタイラスの状態を確認する。

  これ大事です。

2 アンプに接続されているデッキ(カセットでもMDでも)をダビング状態にして、ヘッドフォン端子からモニタリングできる事を確認する。

3 ヘッドフォン端子にICレコーダーを接続する。 レコーダーは安価なもので十分だと思います。 デジタルは庶民の味方。 千円のクォーツ時計の精度は十万円のそれと変わらない。

4 ICレコーダーを外部接続モードにして、MP3最上位を選択します。

5 後は片面づつ録音します。

注 もしデッキがない場合はアンプのRECOUT端子からRCA〜ミニプラグ変換ケーブルを利用してレコーダーに流せば良いと思います。 ICレコーダーにノイズカットスイッチがある場合は必ずオフにしてくださいね。

6 録音が完了したら、再生しながら曲の替り目で、レコーダーのトラックボタンを押して、ディバイドする作業を繰り返します。

7 ここまでの作業が完了したなら、レコーダーをUSB接続しMP3ファイルをPCに移します。

8 ファイルをiTunesにドラッグ・アンド・ドロップ。         図1

9 英数字の羅列が付いているファイルに名前を付けます。   ファイルを選択し⌘ボタンとinformationのiボタンを同時押しすると   情報窓が開くので、曲名やアーティスト名を根気よく入力します。  図2

  アルバム名やジャケット画面は、ファイルをまとめて選択してから   アートワーク窓にドラッグ・アンド・ドロップすると全てに反映します。

10 名前を入力すると、曲順が入れ替わってしまうことがあります。 その際には、情報窓にあるトラック番号の場所に「全何曲の何番目」かを根気よく入力すると所定の位置に戻ります 図3

異論があると思いますが、このMP3ファイルを音楽CDとして焼いてから再生するより iPod等に移して、そのままアンプに接続して再生する方が
続きを読む >>
| music | 18:47 | comments(0) | - |